カップル

綺麗な見た目を維持|草刈作業を行なうときには適切な道具を使用

健康的に成長するために

森

草木の手入れ作業の一つで、間伐というものがあります。間伐とは、山林に生い茂っているたくさんの木々たちがのびのびと成長できるように行なう作業のことです。山林などに生える木々は、だんだん大きくなってくると枝や葉っぱなどが密集してしまい、思うように成長することができなくなります。また、一本一本の木に太陽の光が当たらなくなってしまうという現象も発生するのです。たくさんの木々が密集してしまうと、このような成長の妨げを起こしてしまうことになるのです。そうならないためにも、密集した木々の中から数本の木を伐採する間伐という作業がとても重要になるのです。間伐を行なうことで、木々たちが思う存分成長することができるのです。

間伐作業には、いくつか種類があります。まずは、下層間伐という種類のものです。下層間伐とは、最も一般的に行なわれている作業で、別名普通間伐という名前でも呼ばれています。この方法は、元から枯れている木を伐採していくというものです。そのままにしておいても、いずれは枯れてしまうであろう木を伐採することで、密集した木々のスペースを確保していきます。元からあまり健康的でない木を除去するため、作業をするうえで必要となる選木が素早く行なえるというのがメリットとなっています。そのほか、上層間伐という方法もあります。この方法は、別名樹冠間伐とも呼ばれています。主に広葉樹の場合にこの方法が適応されます。木々の中でも優勢木と呼ばれる健康的な木を残すために、妨げとなる木の伐採を行ないます。そのほかにも、様々な伐採の方法がありますので、それぞれの特徴を把握しておくといいでしょう。